2015年04月27日

人生の振子運動って知っていますか?

執筆者:杉岡中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人生の振子運動って知っていますか? と、数十年前、ある人に言われたことがある。
その時は生返事をしただけだったが、50歳を過ぎてからよくわかる。

高校生の時に聴いた、例えばCS&Nの「青い眼のジュディ」、例えば斎藤哲夫「吉祥寺」、例えばザ・ゴールデンカップスの「愛する君に」が無性に聴きたくなることがある。
また一説では、17歳のころ感動した曲は周期こそあれ、結局一生聴き続けるという。
現在の50代、60代は若くて活動的である。

ザ・タイガースのコンサートにはあんなにたくさんの妙齢の少女が東京ドームに駆けつけジュリーの指先に嬌声をあげていた。
ポール・マッカートニーの10万円の武道館コンサートのチケットは完売した。
CS&N、ジャクソン・ブラウンのツアーはどこもソールド・アウト。

この、「大人のMusic Calendar」はそんな僕らの好きな60年代、70年代の音楽をいくつかのジャンルに分け、コラムで構成する大人のためのウェブマガジンです。

まずは、ポールの武道館公演である4月28日から、Facebookでプレ創刊し、10月に創刊を目指しています。

ロック、ポップスの黄金時代である60年代、70年代、時には80年代の音楽をとことん、語り合いましょう。

また、生きているうちに語って後世に残しておかなければならないことを(笑)、今ここで伝えてください。

同じような、そしてあまりにも膨大は情報がウェブを通じて垂れ流され、必要な情報はとどかないこの頃。

単なる情報の拡散ではない、読むに値する音楽のコラム・コンテンツを発信していくことが大切だと考えています。

いつの間にか紙の専門誌はなくなり、書くことを、またそれらを纏めることを生業にしているわれわれの場は縮小する一方です。

この「大人のMusic Calendar」ではここにご参加いただいた方たちに今までとは違うやり方で還元をすることも目標の一つです。

お書きいただいたものを纏めて本にするという、普遍的な方法をはじめ、このサイトから作るイベント、楽器などの商品開発に至るまで、可能性のあることをみなさんと考え、最終的にはそれがお互いの収益になることを目指します。

現在は様々な音楽関連企業の方々にプレゼンテーションしているところです。
まずはFacebookでのプレ・創刊となります。ライター、評論家の方、また音楽関係者の方のとっておきのネタをお待ちいたします。

  • ビートルズウォッチ
  • コロムビア・ガールズ伝説
  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS