2015年10月29日

フォーク居酒屋放浪記 5…Live Music & Bar 『新橋ZZ』

執筆者:正村英樹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伝説のJロック仕掛け人、ダディ竹千代さんが、サラリーマンの聖地新橋に作り出した新たなるエルドラド「Live Music &Bar 新橋ZZ」 

地下の扉を開けると聞こえてくる70'sロック&昭和歌謡。

フォーク居酒屋放浪記5はこの夏横浜赤れんが倉庫でDJショーを一緒に企画した、ダディ竹千代さんが経営する哀愁ライブハウスを取材しました。

【Q】そもそもなぜライブハウスを?

【A】妻の実家が伊豆の下田にあるのですが、たまに帰ったときスナックとか飲みに行くと僕と同じような世代の連中が、お店の中でギター弾いて吉田拓郎とか全員で大合唱するわけですよ。僕にはそれがPLAYしているように見えた。これからの50代・60代はもっと

PLAYしたいのだと感じた。老人ホームでビートルズや吉田拓郎をみんなで歌う時代がすぐそこまでやって来てるわけです。その前哨戦の場をここ新橋に作りたかったわけです。仕事がらミュージシャンや音楽関係者の友達が多かったもので、いろんな人が演奏しに来てくれました(現在も)。今では洋の東西、ジャンルを問わず、ロック・フォーク・歌謡曲等等演奏できるし、聴くことができます。出演は20%がプロのミュージシャン。残りの80%がアマチュアの昔ロック小僧たちです。土地柄サラリーマンも多いのですが、大学病院のお医者さん、お寺のお坊さんの集団もちょくちょくロック演りにうちに来ますよ(笑)。そんな今の大人たちの話を聞いていると、1位が病気自慢、2位が親の介護の問題、3位が年金のこと。このせちがらさがでもロックだったり、哀愁の昭和歌謡だったりなわけです。

【Q】演奏参加のシステムは?

【A】出演バンドはいつも募集しています。ジャンル問わずトリュビュートもOK。トークショウも受け付けているのでどしどしお申し込みください。11人目からの50%バックとさせていただきます。金土日はノルマ10枚でその他の曜日が5枚。チャージ料金は1500円以上となります。

ライブの予約やお問い合わせは電話にてお願いいたします。

03-3433-7120(17:00~23:00受付)

【機材一覧】

ドラム:Pearl Standard Set

ギターアンプ:RolandCUBU60、 Marchall VOX、MESIA

ベースアンプ:RolandCube+Mashall15

デジタルピアノ:KORG SG-1D、YAMAHAモチーフES

その他:コンガ

11月スケジュールはこちら>

◇1st19;30(土日19:00)◇2st20:30 ◇BARTime21:30~(23:30ラストオーダー) *日によってスタート時間が変更することがございます。


◆「Live Music &Bar 新橋ZZ」

 東京都港区新橋4-13-6B1

03-3433-7120

http://music.geocities.jp/zz_pad2007/top01.html

都営三田線 御成門駅 A4出口より徒歩5分

都営三田線 内幸町駅 A1出口より徒歩7分

営団銀座線 新橋駅  徒歩10分

営団日々谷線 神谷町 徒歩10分

JR新橋駅烏森口より徒歩10分

Live Music &Bar 『新橋ZZ』>

http://music.geocities.jp/zz_pad2007/top01.html


【ダディ竹千代プロフィール】

ダディ 竹千代(だでぃ たけちよ、1953年5月25日 - )は、日本のロック・ミュージシャン、音楽プロデューサー。1980年代のコミックバンドであるダディ竹千代&東京おとぼけCATSのメインヴォーカリスト兼リーダーであった人物で、作詞/作曲の名義は本名の加治木剛を用いる。

<編集後記>

まぎれもなくダディ竹千代氏はかっこいい大人である。いくつものミュージシャンを世に送り、音楽プロデューサー、作詞家、DJ、そして自らバンドリーダー。で、ライブハウスのオーナー。できれば私も同じ道を辿ってみたかった。これからは尊敬する人はウォルト・ディズニーではなくダディ竹千代先輩だ!!だから「新橋ZZ」も楽しくないはずはないのだ。折しも取材当日は昭和歌謡バンド『Deja vu』の出演日。1部・2部と懐かしい曲をこれでもか!っと堪能し、第3部「あなたとDéjà vu」のコーナーではバンドをバックにザタイガースを歌わせていただいた。何とも夢気分のひととき。常連さんも和気あいあい出雰囲気最高でした。また行きます。


ダディ竹千代

  • コロムビア・ガールズ伝説

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS