2016年07月10日

フォーク居酒屋放浪記…14『銀座 ブギウギ』このお店のママとお友達になりたくて、このお店のスタッフとお友達になりたくて、夜な夜な通う客が絶えない、銀座の超レアなミュージック・バー『銀座 ブギウギ』

執筆者:正村英樹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バブルの頃はすっかり馴染みだった銀座界隈も久しぶりに足を向けると、空き地や空ビルが目立ちます。(コインパーキングも・・・)。でも、ちゃんと銀座のある一面を今でも見せつけてくれる人情味あふれたお店も残っているのです。それが銀座泰明小学校の前の泰明通りを少し入ったところにある『銀座 ブギウギ』。レトロとか昭和とか言う言葉では済まされないビルの3階にその店はあります。この記事を読めば、今日から一人でも入れます。もちろん友達を連れ立って行っても、「へぇ~、こんなお店よく知ってたね!」と尊敬されること間違いなし。穴場中の穴場です。


【Q】加代子ママ、「ブギウギ」の紹介を…。

【A】古き良き時代の映像と音楽が流れる店です。1960年代から80年代にかけてのレコード、CD、ビデオ、DVDが多数そろっていますのでジャズ、ロック、昭和歌謡、フォーク、GS等、ジャンルをこだわらずにお客様のリクエストに答えます。またお客様の持ち込みの映像やCDも流します。もちろんカラオケもできますし、スタッフがいる時は生演奏で歌ったり、セッションしたりもできます。今日はジャズシンガーの「原ゆかり」とドラマーの「MASAYA」がお手伝いに来てくれています。

この少し「ダル」な銀座的空間で、ダルで優しいスタッフたちと浮世のうさをはらしませんか?安い料金のお店ですよ!

また店内にはバースペース以外に「ブギウギサロン」と「ブギウギパーティルーム」を併設しておりますので貸し切りライブや、グループでのカラオケパーティに是非どうぞ!!


(左)ジャズシンガー:原ゆかり(中)女流作家:島村洋子(右)ミュージシャン:福山森治郎

【Q】加代子ママ、お店のシステムは?

【A】テーブルチャージがお1人様1,000円です。カラオケは1曲200円。その他はメニュー通りの料金をいただいております。銀座で新宿価格です(笑)

【DRINKMENU】

■角ハイボール 600円/サントリープレミアムモルツ 700円/グラスワイン 赤/白 500円/黒豆マッコリ 600円/鏡月(ロック・水割り・炭酸)/各お茶割り 500円/銀座割り 600円/各ジュース割り 700円/カクテル各種 800円

■焼酎各種 600円二階堂(麦)・黒霧島(芋)・鍛高譚(紫蘇)

■梅酒・日本酒 800円/チョーヤ梅酒・Black山田錦

■ウヰスキー サントリー角瓶 700円/サントリーオールド 800円

■BOURBONアーリータイムス 1,000円/I.W.ハーパー 1,000円/フォアローゼス 1,000円/ワイルドターキー 1,000円/メイカーズマーク 1,000円

■SCOTCHホワイトホース 1,000円/シーバスリーガル 1,000円

■TENNESSEE WHISKEYジャックダニエル 1,000円

■ソフトドリンク各種 500円コカ・コーラ・ジンジャーエール(辛口)・トニックウォーター・ペリエオレンジジュースその他
■レモン(スライス)200円/ウーロン茶(1.8L)300円/緑茶(1.8L)300円
■プレモルピッチャー 2,000円
※氷・ソーダはサービス

◎貸し切りパーティーもご予算に応じて、料理付き飲み放題あり。
ケータリング及び持ち込みスタイルもOKです。


【併設・ブギウギサロン】

ピアノ発表会やアコースティックライブに!
グランドピアノ・マイク・アンプ、その他機材全て取り揃えております!PA(代金1万円)も利用出来ます!

■部屋貸し代(席数50名~60名)
・月~金 13:00~20:00 40,000円
・土~日 14:00~22:00 50,000円

※フード持込みOK、食器レンタル無料 お酒はキャッシュオン(500円~)

【併設・ブギウギパーティルーム】
予約に限り!!箱貸し3時間 28,000(定員10名~12名、2部屋)

.

◆銀座 ブギウギ

■住所/東京都中央区銀座6-3-16 泰明ビル本館3F
TEL 03-5568-8221
※銀座駅C2出口から徒歩3分

■営業時間/
 (月~木)20時~翌3時
 (金・土)20時~翌5時
 (日・祝)定休日

■カード/利用可
■総席数/63(※全面喫煙可)/貸切可(※週末のみ、応相談)

≪編集後記≫

『銀座 ブギウギ』・・・店名だけでも、かなりテンション高まるのに、泰明ビルにたどり着いた瞬間、それはマックスになり、階段を3階まで上がって行く1段1段が何故か心地よい緊張感なのです。お店の前に着いたら着いたで今度は入店をためらいたくなる。でも思い切って扉を開けた瞬間から始まる筒井康隆的SF昭和空間が他に類を見ないのです。「シン・シティ」という不思議なモノクロ映画をご存じですか?まさにその世界に突入なのです。とにかく加代子ママが素敵!、スタッフが優しい!場末感(失礼!)最高!

友人の福山森治郎もここでライブやってるけれど、ミュージシャンも憬れる気の利いたステージがこの店にはあります。

僕は取材を通してこの店の準常連になれたので大満足です。

  • しゃベル ニッポン放送
  • コロムビア・ガールズ伝説
  • ダイナマイトポップス
  • ビートルズウォッチ
  • シュミカツ!
  • 読者の投稿コラム大募集!

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS