2016年01月23日

フォーク居酒屋放浪記…8『ふぉ~く処 cocoro』大森の穴場はここ! 路上ライブ大好きマスターの店

執筆者:正村英樹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前々回のフォーク居酒屋放浪記でご紹介した神田『昭和』の原田オーナーに紹介していただいた京浜東北線大森駅徒歩3分にある『ふぉ~く処cocoro』に行ってきました。とてもアットホームな雰囲気のお店でした。オーナー兼マスターは山口県出身の林誠司さん。通称「きき」さん。林さんだから・・・ですね。そんな56歳の店主のとても味わい深いお店です。

【Q】お店の紹介をお願いします。

1.  私はもともとご紹介していただいた神田の『昭和』で5年間スタッフとして働いていました。当然かもしれませんが、働いているうちに自分の店を持ちたくなり、都内で物件探しも始めました。1年ぐらいかかって、ここ大森に手頃な空き店舗があると聞き、大森と言えば私も遊んだ事のある老舗のフォーク酒場『風に吹かれて』がすぐ目の前にあったので、相談に行ったところ「大森は難しいよ」って言われたのです。でも、何故かこれを逃すと最終的に自分の店が持てないような気がして、大英断しました。それは6年前の話です。もうこの店も6年経ちました。

ギターが弾けない方も、私や、腕に覚えのあるお客様が伴奏しますので、まっ、これはどこのお店も同じ感じだと思いますが・・・。安心してお越しいただいております。

うちの特徴としては、路上ライブがあります。6月から12月にかけて、店を飛び出して、常連のお客さまたちと、だいたい月に1回街へ楽器を持って繰り出します。といっても、平和島の駅前商店街で許可を得て演奏するわけですが、多いときは10組ぐらいのグループが午前10時から夕方まで、演奏します。これがとても楽しい。CD売ったり、投げ銭してもらうことが目的では無く、自分たちの演奏を街ゆく人々に聴いてもらえるのが嬉しい。そして店へ戻って打ち上げでまた歌う・・・。この路上ライブに店主・お客様共はまっています。それ以外にも毎月第4土曜日には地元(カフェ・パーチェ前)でも路上ライブやっていますし、元旦は初日の出鑑賞ライブもやりました。

【Q】システムや楽器レンタルは?

1.    チャージはお1人様1,500円(税別)です。追加料金はオーダーされた飲食代のみ、楽器使用料はかかりません。楽器はエレアコ×3台、ベース、アップライトピアノ、エレピ、ドラムセットを用意しております。エレアコは薄型のクルーズとやはりタカミネ、モーリスが人気ですね。

店内でよくプレイされるアーチストは、吉田拓郎、井上陽水、かぐや姫の順でしょうか。古井戸の熱狂的ファンもいて結構盛り上がっています。私自身は洋楽がまるっきしだめなので、洋楽を演りたいお客様には、お客さま同士で対応してもらっています(笑)。

お酒ではオリジナルラベルの芋・麦焼酎があります。3,500円でボトルキープできてお得です。


■ドリンクメニュー

生ビール(アサヒスーパードライ) \500

トリスハイボール \500      

サワー各種  \500    

サントリー角 \500      

焼酎  芋/麦 \600

ジムビーム \600         

日本酒/梅酒 \500

シーバスリーガル12年 \700   

カクテル各種  \700 

ソフトドリンク各種 \500

■ボトル   

cocoro焼酎 芋/麦 \3,500         

ワイン 赤/白 \3,000

ジムビーム \5,000         

シーバスリーガル12年 \6,500      

氷/水/お湯/ウーロン \500

◇ボトルキープ期限2ヶ月

■フードメニュー

枝豆 \500     

フライドポテト  \500

ピザ \500    

グラタン \500

エイヒレ \500   

ミックスピザ \500

お好み焼き \600   

ソーセージ \700

乾き物各種  \500   

焼きそば \800

チーズ&サラミ \700    

パスタ \800

◆ふぉ~く処cocoro

 東京都大田区大森北1-35-8 3階

 TEL 03-3768-2323

 営業時間 18時~24時/不定休

http://forkdokorococoro.jimdo.com/

≪編集後記≫


小1時間で取材を済ませ、マスターと雑談していると、OL風の女性が一人で入ってきました。女性一人で入れるフォーク酒場って、いいな!っとまず感じました。彼女は吉田拓郎の大ファンでマスターの歌うたくろうを時々聴きに来るそうです。筆者自身、フォーク酒場は「歌うところ」と頭から決めつけていたので、「聴くところ」・・・としてやって来るお客さまと、お店のそれを受け入れる雰囲気がすごく新鮮で、自分自身は少し恥ずかしくなりました。

オーナー兼マスターの林誠司さんから、帰りがけにCDを1枚いただきました。「遠きにありて 林せいじ」というアルバムでした。名前をひらがな表記にしているところに、拓郎エイジを感じました。アルバム1曲目は「自由が丘に眠らせて」というオリジナル(全曲オリジナルですが・・・)で何とも言えない節回しの優しい曲です。

路上ライブが飯よりも好きで、今でもオリジナル曲を作り続ける、そんな青春大キープのオーナーがやっている『ふぉ~く処cocoro』は楽しくないはずがありませんね。

  • コロムビア・ガールズ伝説

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS