2015年09月16日

マーク・ボランが日本の音楽に与えた影響・・・本日9月16日はマーク・ボランの命日

執筆者:サエキけんぞう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、9月16日はマーク・ボランの命日である。


妖しいフォーク・デュオ、ティラノサウルス・レックスがロック化したT-レックスは事件だった。それまで英米のロックではユニセックスなアーティストはほとんどいなかったからだ。化粧が好きなミック・ジャガーがオカマっぽくふるまう場面もあったが、マーク・ボランの甘く震えながらささやく鼻にかかった声は、男にとって「男もイイな」と性の概念をトロけさせるヤバいものがあった。女子はみんなマークに夢中だったが、日本の男子ロック・ファンにも性的に多様な道を選ぶ可能性を与えたのがマーク・ボランだ。化粧はバンドに流行りだした。それが遠くビジュアル系まで繋がる。ラメも流行った。マークのまとう肩幅の広いラメのジャケットは、売れに売れ、重度のファンだった僕の千葉の中学のクラスメイトはジャケットだけを買い、完全に持ち腐れた。着ていける場所など千葉にはどこにもなかったからだ。

 

1971年秋「電気の武者」の発売直後は、加藤和彦のように耳の早い人が話題にしている感じだったが、72年初頭のシングル「テレグラム・サム」のヒットで日本のシーンには完全に火がついた。ビートルズ不在の穴を埋めた感があった。当時はレッド・ツェッペリンが王者だったが、ツェッペリンにはない性的アイドルの匂いがあったのだ。

歌舞伎の女形の伝統を持つ日本は、欧米よりもこうした存在に敏感だ。60年代末のグループサウンズでは、沢田研二やオックスの赤松愛が女性的オーラを発し、世界でも特異なジェンダー的状況を作りだしていた。


しかしマーク・ボランがGSをぶっ飛ばすようなインパクトがあったのは、その麻薬的音像である。それは薬物体験を持たない青少年も官能させる「ドラッギー」な響きに充ち満ちていた。60年代のサイケデリック・ロックはハッピーでアッパーな輝きはあったのだが、T-レックスは、精神のインナーワールドに直接響く、ダウナーな感触を持ち合わせていたことが画期的だった。アチラの世界はアッパーだけでは語れない。日本少年少女はマークから「心のアンダーグランド」を学んだのではないだろうか?


必殺のギターリフにストリングスのからむミディアムなグルーヴも特別だった。グラムロックは、スピード感やハードロック的ドタスタ感のインパクトに頼らない、ミドル・テンポの渋いブギーだ。まだまだグルーヴ音痴だった日本のロック・ファンをハイ・テンポにならずイケイケにさせた、さりげなく凄い功績。日本の少年少女をロックのグルーヴに入門させたのもマークではないだろうか?


そしてなんといっても、鼻声を「アイドルの声」という響きに昇格させた意義が大きい。一般的2枚目的な美声ではない、グニュっと低い声の印象がスターのテイストに塗りかえられた。72年8月1日に、郷ひろみがデビューするのだが、マーク・ボランのヒットは影響はしていないだろうか?声の妖しさには共通性がある。出典未確認だが、近田春夫が当時、郷ひろみを「和製マーク・ボラン」と評したという話しもある。1972年はマークと郷ひろみの当たり年なのだ。


ギターボーカル&パーカッションという編成については、ティラノサウルス・レックス時代からPANTA率いる頭脳警察が向こうを張っていた。ピックアップをとりつけたアコースティック・ギターとコンガという編成、PANTAとマーク、カーリーヘアの見た目が似ていた。頭脳警察の音楽は主張もビートも、T-レックスより激しかったが。T-レックスとなった頃、頭脳警察のステージもドラムを入れたバンド編成が増えた。マークとPANTAはロックのセックスシンボルという意味でも良き時代のライバルであった。

T. Rex

サエキけんぞう

  • しゃベル ニッポン放送
  • コロムビア・ガールズ伝説
  • ダイナマイトポップス
  • ビートルズウォッチ
  • シュミカツ!
  • 読者の投稿コラム大募集!

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS