2016年09月24日

[recommend]岡林信康が2016年9月29日(木)の仙台を皮切りに、9月30日(金)盛岡、10月1日(土)秋田の3か所で、弾き語りでは約30年ぶりとなる東北ツアーを開催

執筆者:矢島礁平

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡林信康が昨年2015年の5月から、原点ともいえるギター1本での弾き語りスタイルで全国各地のライブハウスを中心に歌の旅を開始している。各地にいる隠れキリシタンならぬ、隠れ岡林信康ファンに向けて、歌手生活の最後に、各地をできる限り廻って幕を下ろしたいという本人の希望の元、いうなれば最後のお別れという趣もあるツアーだ。

今年2016年は3月から歌の旅を開始し、年間30本というスケジュールとなっている。


それまではバンドを連れてホールでのライブ活動を続けていたが、小さなライブハウスを中心に、たった一人きり、生ギターとハーモニカのスタイルでステージに立つという決意に至るまでには、相当なプレッシャーもあったはずだ。しかしながら、その時々で自分の気持ちと状況からスタイルを模索し、変化させつつ歌を届けていくというのが岡林信康であり、まわりの空気に流されず、どのような環境でも歌えるというのは積み重ねてきた歌の歴史からの自信であり、強さだ。そしてその姿はとても身軽で自由で、何より本人が一番楽しそうである。


そんな岡林信康が、弾き語りというスタイルでは約30年ぶりとなる秋の東北ツアーを開始する。9月29日(木)の仙台を皮切りに、9月30日(金)盛岡、10月1日(土)秋田という3公演だ。3夜連続公演となると、去年の7月の北海道での札幌~小樽~旭川以来となる。


たった一人でステージに立ち、2時間歌い、しゃべるというのは、いうなれば先発完投、救援無しという昭和のプロ野球の先発ピッチャーのようなことを続けているわけで、今年7月で70歳を迎えた本人にとって、肉体的にもキツイ部分は確かにある。でもやっぱり歌いたいのだ。お客さんと近い距離で歌を届け、笑い、ほんの束の間でも良いから来た人が、日常のあれやこれやから解放され、楽しんでもらいたいというのが願いだ。


歌の受け取り方は聴き手の自由。感動する、しないも聴き手の感性次第。そしてそんな歌を、聴き手とそっと結びつけるお手伝いをするのが歌手の仕事。ステージに立ち、歌うという事は、きっとそういう事なのだと思う。主役はあくまでも歌である。

だからもし近くの街にふらりと岡林信康が歌いに来たら、どうか気軽に遊びに来ていただきたい。

まだまだ歌の旅は続いていきます。


<岡林信康 秋の東北ツアー日程>

日時:2016年9月29日(木)

会場:仙台市「LIVE HOUSE enn 2nd

開場:19:00  開演:19:30

前売5,500円 当日6,000円 *Drink別途

<ご予約・お問い合わせ>

電話:022-212-2678

メール:info@livehouseenn.com

 ************************

日時:2016年9月30日(金)

会場:盛岡市「すぺいん倶楽部

開場:18:30 開演:19:00

前売5,500円 当日6,000円 *1Drink付

<ご予約・お問い合わせ>

電話:019-654-2055 FAX:019-652-1758

メール:info@spain-club.jp

 ************************

日時:2016年10月1日(土)

会場:秋田市「THE CAT WALK

開場:18:00 開演:19:00

前売5,500円 当日6,000円 *Drink別途

<ご予約・お問い合わせ>

電話:018-865-6699

メール:info@jazzcatwalk.net

************************

その他のライブ日程は岡林信康WEBサイトで>


写真:岩本健吾 


弾き語り フォーク作品集 岡林信康

岡林四十五景~デビュー45周年記念ベスト盤 岡林信康

ライブ45周年記念 2013/12/14 日比谷公会堂 岡林信康

わたしを断罪せよ(通常プラケース仕様) 岡林信康

見るまえに跳べ(通常プラケース仕様) 岡林信康

岡林信康ライブ 中津川フォークジャンボリー(通常プラケース仕様) 岡林信康

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS