2017年02月06日

2月6日はレゲエの伝説・ボブ・マーリーの誕生日

執筆者:東ひさゆき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きっかけは多分、エリック・クラプトンだろう。彼が名盤『461オーシャン・ブールヴァード』(74年)でボブ・マーリーの「アイ・ショット・ザ・シェリフ」を取り上げただけでなく、それをシングル・カットしたところ、アルバム共々全米No.1を記録。現在までのところ、クラプトンにとってそのシングルはキャリア唯一の全米No.1ソングでもある。


レゲエ・ファンを除くと、このクラプトンのヒットがある以前からボブ・マーリーを知っていたファン、さらにレゲエに興味を持っていたファンはさほど多くなかった、と思う。事実、62年からロバート・マーリーの名で活動をしていた彼だが、ボブ・マーリーおよび彼を軸とするウェイラーズのアルバムがアメリカ、イギリスでヒットし始めるのは75年の『ナッティ・ドレッド』(米・第92位、英・第43位)以降のこと。


それまではジャマイカの音楽であるレゲエと言えば、彼よりもデスモンド・デッカーやジミー・クリフらの名前が先に挙がっていたし、英米のアーティストではビートルズやポール・サイモン、ジョニー・ナッシュらがレゲエの存在を教えてくれた。


J・ナッシュがボブ・マーリーの「スター・イット・アップ」をヒットさせた時(73年/米・第12位)はさほどの盛り上がりを見せなかったが、クラプトンによってボブ・マーリーが知れわたると、一気にレゲエ熱が高まり、ついにはアメリカ西海岸のイーグルスが名曲「ホテル・カリフォルニア」(77年/米・第1位)でレゲエのリズムを取り入れたり、イギリスからはその影響を強く受けたポリスのようなグループが登場してきたりする。


ボブ・マーリーは本名をロバート・ネスタ・マーリーと言って、1945年2月6日、ジャマイカのセント・アン教区ローデン・ホールに生まれた。先に記したように、まずはソロ歌手としてデビューし、63年からはバニー・ウェイラーやピーター・トッシュらとウェイリン・ウェイラーズを組み(後にウェイラーズと短縮)、本国では71年末の「トレンチタウン・ロック」で揺るぎない地位を築く。72年には世界を見据えてアイランドと契約。アルバム『キャッチ・ア・ファイアー』(73年/米・第171位)、『バーニン』(73年/米・第151位)でタイトル通り、人気に火が付いたと書きたいところだが、この2作は75年以降にヒットしたもので、76年の『ラスタマン・ヴァイブレーション』(米・第8位、英・第15位)でピークを迎える。


これはレゲエの特徴でもあるのだが、彼の歌は単なるラヴ・ソングだけでなく、弱い者の立場に立った政治的、社会的なメッセージを含んだものが少なくない。さらに、彼の場合は本国での選挙に絡んでいたりしたこともあり、76年12月に自宅に侵入してきた男たちに狙撃されて負傷。一時、フロリダ州マイアミに移り住んでいたこともあるのだが、まさかの思いで1981年5月11日の死去を知らされる。死因はがんで、まだ36歳だった。


その後、息子のジギーらが活躍する中、94年にロックの殿堂入り。また、2017年1月14日付け現在の全米チャートにおいて、彼の『レジェンド~ザ・ベスト・オブ・ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ』(84年/米・第54位)は歴代第4位となる450週もエントリーされているロング・セラーで、アメリカだけで1500万枚以上を売り上げているベスト・セラーでもある。


思えば、英米での活動はさほど長くなかったけれども、これこそボブ・マーリーとレゲエが広く認知され、高く評価されている、ひとつの証しだろう。


≪著者略歴≫

東ひさゆき(あずま・ひさゆき):1953年4月14日、神奈川県鎌倉市生まれ。法政大学経済学部卒。音楽雑誌「ミュージック・ライフ」、「ジャム」などの編集記者を経て、81年よりフリーランスのライターに。おもな著書に「グラミー賞」(共同通信)など。
461オーシャン・ブールヴァード(紙ジャケット仕様) Limited Edition エリック・クラプトン

ナッティ・ドレッド+1 ボブ・マーリー

ラスタマン・ヴァイブレーション+1 Limited Edition ボブ・マーリー

レジェンド~ザ・ベスト・オブ・ボブ・マーリー ボブ・マーリー

  • 岡田奈々 ポスターカレンダー バナー

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS