2018年11月04日

[recommend]人気GSからカルトGSまでオリジナル・メンバーたちが一堂に会する年末恒例GSフェスティバル!

執筆者:中村俊夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早いもので今年も残すところ2か月を切ってしまったけど、GSファンにとっては今や年末恒例のお楽しみイベントとなった『GSフェスティバル』(@大井町きゅりあんホール)が今年も開催される。往年の人気GSスターだけでなく、1980年代以降のGS再評価ムーヴメントの中で、とりわけ人気の高いカルト系GSのオリジナル・メンバーたちも数多く集結する究極のGSイベントだけに、今年も豪華な顔ぶれの出演が決まった。


主な出演者を挙げてみると、三原綱木(ブルー・コメッツ)、加橋かつみ(タイガース)、ミッキー吉野(ゴールデン・カップス)、小松久(ヴィレッジ・シンガーズ)、加藤充(スパイダース)、沖津久幸(ジャガーズ)、越川ヒロシ(カーナビーツ)、瀬川洋(ダイナマイツ)、成田賢(ビーバーズ)、北久保誠(ガリバーズ)、和田ジョージ(フラワーズ)、湯村寿昭(ブルーインパルス)、橘洋介(ボルテイジ)、クリス・ソラーノ(スーナーズ)、高宮雄次(ラヴ)…etc。さらにナビゲーター(司会)を務めるのは本イベントのプロデューサーでもある大野良治(アウト・キャスト)といった具合に、全員、現在も音楽活動を続けている“GS現役組”である。


そんなGS・OBたちの祭典を記念して、今回は出演者有志たち各々が、かつて所属したグループの代表曲をセルフ・カヴァーしたオムニバスCDも制作され、10月31日に先行発売 (収録曲と参加メンバーは写真参照)。どのトラックもアレンジ、ミックス等に創意工夫が成され、そこにキャリアの重みも加わったことで、お馴染みのGS名曲が原曲の持ち味を損うことなく、現代的な質感を加味したサウンドでリニューアルされている。アルバム・タイトルは「Get Back GS」だが、決して懐古趣味だけではなく、2018年仕様にアップデートされたGSサウンドを楽しめると言うわけだ。


中でも本CD最大の目玉であり、全GSファン要注目なのが、CDの最終トラックに収録されたアストロジェットの「浜辺へ行こう」だろう。このグループ名や曲名を聞いても「?」と首を傾げるGSファンは多いと思うが、それも当然。アストロジェットは、当時ラジオのGS人気投票番組で第65位にランクされ、テイチクからのレコード・デビューが決定しながらも、それを実現できないままに解散してしまった幻のグループなのだ。


「浜辺へ行こう」は、アストロジェットのオリジナル曲で、彼らが韓国で公演したことがきっかけとなり、現地の「キーボーイズ」というバンドが69年にカヴァー・レコード化。韓国内で大ヒットとなり、現在60歳代以上の韓国人でこの曲を知らない人はいないと言われるぐらいの超有名曲として親しまれている曰く付きの作品である。


今回、この幻の作品がアストロジェットのギタリスト大口優治によって初めて日本語オリジナル・ヴァージョンがレコーディング。もちろん初の音盤化でもあり、GSファンにとってひとつの“事件”と言っても良いだろう。『GSフェスティバル2018』にも大口優治が出演。この「浜辺へ行こう」を披露してくれるそうなので、ぜひお見逃しなく!


『GSフェスティバル2018』

日時:2018年12月14日(金) 開場17:00 開演17:45

場所:大井町きゅりあん小ホール (「大井町駅」徒歩1分)

料金:¥6,500(税込) 全席指定

■ローソン・チケット TEL:0570-084-003

主催:GSフェス実行委員会2018

プロデューサー:大野良治

お問い合わせ:オクテット・レコード  TEL044-571-0041(平日11:00~18:00)

『Get Back GS~復活グループ・サウンズ2018』

●CD:YZOC-5039 ●¥2,500(税込)●発売元:OCTET RECORDS●販売元:クラウン徳間ミュージック

♪昭和40年代の少年少女達を熱狂させた栄光のグループ・サウンズ。
今ここに半世紀余りの時を超え当時のオリジナル・メンバー達が集結! 
その名曲並びに幻の未発売作品の数々が、再びセルフ・カバーで リ・ニューアルされ遂にCD化! 
【収録予定曲】
1)君に会いたい 歌:沖津久幸/Gt(ザ・ジャガーズ)
2)好きさ好きさ好きさ 歌:ポール岡田 & 越川ヒロシ/Gt(ザ・カーナビーツ)
3)君なき世界 歌:成田賢/Vo(ザ・ビーバーズ)
4)エミー・マイ・エミー 歌:橘 洋介[蛎崎広柾](ザ・ボルテイジ)
5)太陽野郎 歌:大石吾朗(バニーズ)
6)赤毛のメリー 歌:北久保 誠/Bs(ザ・ガリバーズ)
7)メランコリー東京 歌:湯村寿昭(ザ・ブルーインパルス)
8)イカルスの星 歌:高宮雄次 & ヘッケル田島/Dr(ザ・ラヴ)
9)ノーノーボーイ 加藤 充/Bs(ザ・スパイダース)歌:ヘッケル田島
10)素晴らしい愛の世界 歌:クリス・ソラーノ/Vo(デ・スーナーズ)
11)ラストチャンス 大谷健[橋本健]/Bs & 和田ジョージ/Dr(ザ・フラワーズ) 歌:瀬名香月
12)ユア・ベイビー 歌:岡本"クズ坊"和雄/Gt & 石橋志郎/Bs(ブルー・ジーンズ)
13)浜辺に行こう 歌:大口優治/Gt(ブジ・アストロジェット)
♪演奏:レイアウト
Exective Producer:大谷匡広(大谷健)、高宮雄次、大野良治
Directed by 蛎崎広柾(ザ・ボルテイジ)
Produced by 大野良治(アウト・キャスト)


≪著者略歴≫

中村俊夫(なかむら・としお):1954年東京都生まれ。音楽企画制作者/音楽著述家。駒澤大学経営学部卒。音楽雑誌編集者、レコード・ディレクターを経て、90年代からGS、日本ロック、昭和歌謡等のCD復刻制作監修を多数手がける。共著に『みんなGSが好きだった』(主婦と生活社)、『ミカのチャンス・ミーティング』(宝島社)、『日本ロック大系』(白夜書房)、『歌謡曲だよ、人生は』(シンコー・ミュージック)など。最新著は『エッジィな男 ムッシュかまやつ』(リットーミュージック)。
Get Back GS‼〜復活グループ・サウンズ2018〜 V.A. (アーティスト) 形式: CD

  • しゃベル ニッポン放送
  • お宝鑑定イベント
  • コロムビア・ガールズ伝説
  • ダイナマイトポップス
  • 読者の投稿コラム大募集!

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS