2015年05月03日

[recommend]ポール・マッカートニー完全再現ライブ!!

執筆者:正村英樹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大人のための音楽情報をコラムで提供する「大人のMusic Walker」、本日はライブハウスを取り上げてみました。


1年前の約束を果たして、ポール・マッカートニーは帰っていきました。彼の日本のファンへのサービス精神と完璧なエンターテインを忘れることができません。半世紀を超え、彼の歌はまたまた心に深く浸み込まれました。
まだ音楽活動を続けるのでしょうか? 来年はまた来てくれるのでしょうか? 
そんなポールロス症候群のみなさまにちょっと元気がでる朗報があります。職業ポール・マッカートニー=永沼忠明率いる日本一のビートルズのトリビュートバンド
“COMMA-DADA”による【アウト・ゼアージャパン・ツアー2015年完全制覇LIVE】が来る5月10日に開催されます。場所は東京駅八重洲の「HIT STUDIO TOKYO」。今回のツアーと全く同じセットリストで、今、再びポール・マッカートニーをたっぷり楽しめます!

・期日 2015年5月10日(日)
・開場 13:30 開演 14:00
・場所 HIT STUDIO TOKYO(東京駅八重洲)
・公式サイト http://big-echo.jp/hts/
・お問い合わせ TEL03-5205-3800
注)ポール・マッカートニーの出演はございません。
注)若干当日券をご用意すでに満席の場合はご容赦下さい。


【演奏が想定される曲目】
1.マジカル・ミステリー・ツアー(ビートルズ)
2. セイヴ・アス(ソロ / 最新アルバム「NEW」より)
3. キャント・バイ・ミー・ラヴ(ビートルズ)
4. ジェット(ウイングス)
5. レット・ミー・ロール・イット(ウイングス)
6. ペイパーバック・ライター(ビートルズ)
7. マイ・ヴァレンタイン(ソロ)
8. 1985年(ウイングス)
9. ロング・アンド・ワインディング・ロード(ビートルズ)
10. 恋することのもどかしさ(ソロ)
11. 夢の人(ビートルズ)
12. 恋を抱きしめよう(ビートルズ)
13. アナザー・デイ(ソロ)
14. ホープ・フォー・ザ・フューチャー(ソロ / 最新曲)
15. アンド・アイ・ラヴ・ハー(ビートルズ)
16. ブラックバード(ビートルズ)
17. ヒア・トゥデイ(ソロ)
18. NEW(ソロ / 最新アルバム「NEW」より)
19. クイーニー・アイ(ソロ / 最新アルバム「NEW」より)
20. レディ・マドンナ(ビートルズ)
21. オール・トゥゲザー・ナウ(ビートルズ)
22. ラヴリー・リタ(ビートルズ)
23. エリナー・リグビー(ビートルズ)
24. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト(ビートルズ)
25. サムシング(ビートルズ)
26. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(ビートルズ)
27. バンド・オン・ザ・ラン(ウイングス)
28. バック・イン・ザ・U.S.S.R.(ビートルズ)
29. レット・イット・ビー(ビートルズ)
30. 007死ぬのは奴らだ(ウイングス)
31. ヘイ・ジュード(ビートルズ)
32. デイ・トリッパー(ビートルズ)
33. ハイ・ハイ・ハイ(ウイングス)
34. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア(ビートルズ)
35. イエスタデイ(ビートルズ)
36. ヘルター・スケルター(ビートルズ)
37. ゴールデン・スランバー~キャリー・ザット・ウェイト~ジ・エンド(ビートルズ)

【BAND PROFILE】COMMA-DADA
2009年キャバンクラブ脱胎後の永沼忠明氏が、ジョン・レノンプレーヤーとして長年の実績を持つ小松陽介とタッグを組んだ、枠にとらわれない本格思考の元に活動するビートルズバンド。観客を圧倒させるステージングには定評あり。久保肇・松崎晃之・黒岩典英とビートルズ業界のトップクラスのプロフェッショナル達が脇を固める。

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS