2017年03月14日

本日、3月14日は杉真理の誕生日。今年でデビュー40周年となる

執筆者:市川清師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、3月14日は杉真理の誕生日。1954年3月14日、福岡県博多区生まれ。63歳になる。齢60を過ぎてもいい意味で変わらない。万年青年(!?)の面持ちのまま、年相応や大人の分別などとは無縁に忙しく動き回る。BOXやPiccadilly Circus、ALOHA BROTHERS、杉真理&須藤薫など、たくさんのユニットやプロジェクトを抱え、「吉祥寺の杉まつり」を始め、オリジナル・アルバム・リリース30年を記念した「完全再現ライブ」、「奇跡のトライアングル」、ビートルズ・トリビュート・ライブ「DearBEATLES」など、たくさんのイベントを取り仕切る。普通の会社員なら定年退職目前だが、杉は現場主義を貫き、生涯現役の勢いだ。


実は、本2017年は杉真理のデビュー40周年。アニバーサリー・イヤーである。1977年3月25日、マリ・アンド・レッド・ストライプス(杉真理&レッド・ストライプス)としてアルバム『マリ・アンド・レッド・ストライプス』で、ビクターからデビュー。翌78年2月25日には同バンドのセカンド・アルバム『スインギー』をリリースしている。


杉真理&レッド・ストライプスは、基本的にパーマネントなバンドではなく、セッション・バンドである。バンド名はリンダ・マッカートニーをボーカルにしたウィングスの変名バンド、スージー・アンド・ザ・レッド・ストライプスから取られている。デビュー・アルバムのジャケット・デザイン、1977年にリリースされたスージー・アンド・ザ・レッド・ストライプスのシングル「SeasideWoman」にインスパイア―されている(コピーしている!?)かと思いきや、1977年に発売になったUSA盤にはピクチャースリーブは付いておらず、1979年に発売になったUK盤で初めてあのスリーブが付いている。杉のデビュー盤はUSA盤よりも、もちろんUK盤よりも先に発売になっているから単なる偶然。偶然にしては出来過ぎた話である。ちなみにジャケットは平井夏美こと、当時はビクターでディレクションをしていた川原伸司のアイデアだそうだ。


そんな背景のあるレッド・ストライプスだが、そこに名を連ねるメンバーが錚々たる顔ぶれ。竹内まりや、青山純、新井田耕造、安部恭弘、平井夏美……など、その後の日本の音楽界に名を轟かし、華々しい活躍をしていく。改めて、その足跡や功績はいうまでもないだろう。魅力ある人のところには魅力ある人が、才能ある人のところには才能ある人が集まるということだろうか。杉真理の“引き寄せ力”は尋常ではない 。


杉真理&レッド・ストライプスの2枚のアルバムは杉真理の原点である。ビートルズやウィングス、ラズベリーズなどを彷彿させる、ドリーミーで、ポップな世界が展開されているのだ。


2枚のアルバムは度々、CD復刻されているが、90年に初めてオリジナル・アルバムとしてCD復刻された(それまでは2枚をカップリングした2枚組アルバム『NICE PAIR』が1982年にリリースされたが、1986年、同アルバムのCD化の際に収録曲が2曲、カットされている)。その際に杉真理は同作のライナーノートにコメントを寄せている。一部抜粋しておく。


「ミュージシャンには2通りのタイプがいて、本心とは裏腹に自虐的に、過去の自分をけちゃんけちょんにけなしながら進んで行くジョン・レノン・タイプと、決して過去を(明らかな失敗作でさえ)悪く言わないポール・マッカートニー・タイプとがいるが、僕はどちらかというと後者の方なのでこう言いきってしまいたい。“レッド・ストライプス、もちろん70年代で一番イカシタBANDのひとつだったよ”って……」


杉真理らしいコメントだが、それはいまも変わらない。自らのルーツやコネクションを大事にしている。杉真理&レッド・ストライプス後、1980年7月にソニーから『SONG WRITER』で再デビューするが、大きく脚光を浴びることになったのは1982年3月にリリースされた『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』(大滝詠一・佐野元春・杉真理)への参加だ。縁を貴ぶは、杉の“恩人”である大滝詠一ゆずりでもあるが、杉の活動がそのまま、そのことを証明していると言っていいだろう。


竹内まりや、安部恭弘らとの交流はいまも続き、度々、共演、共作もしている。2013年7月に竹内まりやがリリースした「Dear Angie ~あなたは負けない」(TBSの情報番組『NEWS23』のエンディング・テーマ)は、竹内まりやが歌、杉真理が作詞・作曲、そしてBOXが演奏というコラボレーション。また、2014年11月に杉がリリースした『THIS IS POP』には安部も参加。杉真理&安部恭弘として「音楽の女神」を共作、共演している。二人の軌跡を“青春プレイバック”しつつ、“つづく”と結んでいるのだ。


竹内、安部に限らず、“Pops All Stars”とでも言うべき、佐野元春や伊藤銀次、EPO、須藤薫、村田和人などとのコラボレーションも数多い。1986年11月にリリースしたコンピレーション・アルバム『Winter Lounge』(南佳孝、須藤薫、Hi-Fi SET、楠瀬誠志郎、PSY・S、PizzicatoⅤ他が参加)、同じく1987年6月にリリースしたコンピレーション・アルバム『SUMMER LOUNGE』(Hi-Fi SET、南佳孝、プリンセス・プリンセス、種ともこ他が参加)などは杉の引き寄せ力が発揮された最たる作品だろう。 


1985年6月にリリースした『SYMPHONY #10.』(同作には佐野元春、伊藤銀次、浜田省吾が“本人役”で参加した「Key Station」を収録)、2008年1月にリリースした『魔法の領域』(デビュー30周年記念アルバム。BOXやPiccadilly Circus、竹内まりや&安部恭弘らを迎えたレッド・ストライプス、伊藤銀次、姫野達也、村田和人、堂島孝平など、縁のあるアーティストが参加)なども杉の面目躍如である。


前述通り、今年はデビュー40周年。マネージャーによると“デビュー40周年を迎え、記念ライブを企画してもユニットがあり過ぎて(笑)、一回でまとめることが困難なため、いろいろと小出しにしていく予定”だという。テーマは決まっていて、タイトルは『POPSひとすじ40年 ~お茶の間から天国まで~』だそうだ。徐々に情報公開される予定だが、いずれにしろ、デビュー40周年の杉の活動から目が離せそうにない。彼のHPなどを刮目していただきたい。


≪著者略歴≫

市川清師(いちかわ・きよし)『MUSIC STEADY』元編集長。日本のロック・ポップスに30年以上関わる。同編集長を退任後は、音楽のみならず、社会、政治、芸能、風俗、グラビアなど、幅広く活躍。共著、編集に音楽系では『日本ロック大系』(白夜書房)、『エンゼル・ウィズ・スカーフェイス 森山達也 from THE MODS』(JICC)、『MOSTLY MOTOHARU』(ストレンジデイズ)、『風のようにうたが流れていた 小田和正私的音楽史』(宝島社)、『佐野元春 SOUND&VISION 1980-2010』(ユーキャン)など。近年、ブログ「Let's Go Steady――Jポップス黄金時代 !」で、『MUSIC STEADY』を再現している。

Mari & Red Stripes<タワーレコード限定>杉真理 & レッド・ストライプス

Swingy<タワーレコード限定>杉真理 & レッド・ストライプス

Seaside Woman - Yellow - Die Cut Slv Suzy And The Red Stripes

SONG WRITER Masamichi Sugi 杉真理,レッド・ストライプス

NIAGARA TRIANGLE Vol.2 20th Anniversary Edition NIAGARA TRIANGLE 大滝詠一 NIAGARA TRIANGLE 佐野元春 杉真理 大滝詠一

WINTER LOUNGE Limited Editionオムニバス (アーティスト), PIZZICATO FIVE (アーティスト), & 8 その他

サマーラウンジ(紙ジャケット仕様) Limited Editionオムニバス (アーティスト), Pops All Stars (アーティスト), & 9 その他

SYMPHONY #10(紙ジャケット仕様) Limited Edition Masamichi Sugi 杉真理,レッド・ストライプス

「ヒットソング」の作りかた―大滝詠一と日本ポップスの開拓者たち (NHK出版新書 506) 新書 – 2016/12/8 牧村 憲一 (著)…加藤和彦、竹内まりや、フリッパーズ・ギターなどを手掛けた伝説の名プロデューサー、牧村憲一が「名盤」誕生の真相を明かす。同書には杉真理も関わる竹内まりやデビューの経緯も語られている。

  • ビートルズウォッチ
  • コロムビア・ガールズ伝説

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS