2017年03月07日

1983年3月7日、松任谷由実の14作目のアルバム『リ・インカーネーション』がオリコン・アルバムチャートで1位を獲得

執筆者:篠原章

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松任谷由実にとって14作目となるオリジナル・アルバム『リ・インカーネーション(REINCARNATION)』(1983年2月20日発売)は、リリースから2週間後の3月7日にアルバム・チャートNO.1の座を獲得した(売上げ枚数31.9万枚)。『昨晩お会いしましょう』(81年11月1日)、『パール・ピアス』(82年6月21日)に続く3作連続のNO.1で、以後1997年の2月28日発売の『Cowgirl Dreamin'』まで、ユーミンの「オリジナル・アルバムNO.1」は継続することになる(17作連続)。


本作は「輪廻転生」(リ・インカーネーション)を主題としたコンセプト・アルバムだった。人類と宇宙人のコンタクトを描いた77年公開の『未知との遭遇』、宇宙人と子供たちとの交流を描いたファンタジーで82年公開の『E.T.』(いずれもスティーヴン・スピルバーグ監督作品)などのヒットで定着しつつあった宇宙ファンタジーの世界を、ユーミン独自の解釈で作品化したもので、そのコンセプトは、次作『VOYAGER』(83年12月1日)にも一部引き継がれている。


タイトル・チューン「REINCARNATION」は、81年のコンサートツアー『水の中のASIAへ』のために創られた楽曲だが歌詞は異なる。「川景色」は石川セリに提供した楽曲(82年)のセルフカバー、「心のまま」は、女性ばかりで太平洋を横断したヨット・RIB II世号を取り上げたラジオのドキュメンタリー番組のために創られた楽曲だ。「Esper」は、シングルとして3年も前の80年3月20日に発売されているが、シングル・バージョンと本作に収録のバージョンは別物である。なお、「ずっとそばに」は、本作発売から10年後の93年、 アニメ映画「Coo 遠い海からきたクー」(監督・今沢哲男、脚本・岡本喜八、原作・景山民夫)のエンディング・テーマに採用されている。


レコーディング・セッションは、ドラムス・林立夫、ベース・髙水健司、キーボード・松任谷正隆を基本に、エレキ・ギターで今剛、松原正樹、鈴木茂が、アコースティック・ギターで瀬戸龍介と吉川忠英が、パーカッションで浜口茂外也、斎藤ノブ、Peckerが、ホーンセクションでJake H. Conception、数原晋、新井英二が絡む編成となっている。


YMOの「散開」はこの年の12月だが、世はテクノポップ全盛期。ユーミンはテクノポップによって培われたテクノロジーを享受しつつ、アナログとデジタルの境界域をこのアルバムによって巧みに表現している。ユーミンのキャリアの中では比較的地味なアルバムといえそうだが、作品としてのクオリティやトータリティは高い。


≪著者略歴≫

篠原章(しのはら・あきら):批評.COM主宰・評論家。1956年生まれ。主著に『J-ROCKベスト123』(講談社・1996年)『日本ロック雑誌クロニクル』(太田出版・2004年)、主な共著書に『日本ロック大系』(白夜書房・1990年)『はっぴいな日々』(ミュージック・マガジン社・2000年)など。沖縄の社会と文化に関する著作も多い。

未知との遭遇 スペシャル・エディション [SPE BEST] [Blu-ray] リチャード・ドレイファス (出演), フランソワ・トリュフォー (出演),

E.T. [Blu-ray]ディー・ウォーレス (出演), ヘンリー・トーマス (出演)

リ・インカーネーション REINCARNATION 松任谷由実

  • コロムビア・ガールズ伝説

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS