2019年04月24日

1961年4月24日、デル・シャノン「悲しき街角」が全米1位を記録

執筆者:木村ユタカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いまから58年前にあたる1961年4月24日は、全米シングル・チャートでデル・シャノンの「悲しき街角(Runaway)」が1位を獲得した日だ。ここから4週間も首位の座を守った大ヒット・ナンバーにして、デル・シャノンの代名詞ともいえるこの名曲が、彼にとっての記念すべきデビュー・シングルだった。


僕は昔から1950年代から60年代にかけてのロックンロールやアメリカン・ポップス、総称して“オールディーズ”と呼ばれる音楽が大好きで、かれこれ40年近く聴き続けているが、このデル・シャノンほど歌い方がユニークな人には出会ったことがない。そして、この「悲しき街角」には、デビュー作にしてすでに彼のユニークな個性が凝縮されていたのだ。


若者なら誰もが一度は胸に抱く喪失感や逃避行をテーマにした「悲しき街角」では、歌の内容が主人公の感情を高ぶらせる部分<I wah-wah-wah-wah-wonder>や<Why, why, why, why, why she ran away>にさしかかると、デル・シャノンは突然、まるでサイレンのように唐突なファルセットを繰り出して、聴き手をビックリさせる。こうしたユニークなヴォーカル・スタイルこそが、このロックンローラーを唯一無二の存在とした決定的な要素だったのだ。


もうひとつ、「悲しき街角」のユニークな点に、サウンドの面白さがある。この曲をデル・シャノンと共作しているのは、彼の友人でキーボード奏者のマックス・クルックという人物だが、そのクルックが弾くミュージトロンは、シンセサイザーの前身楽器と呼ばれるもの。間奏部分で鳴り響いているのが、そのミュージトロンなのだが、実は、このマックス・クルックこそが「悲しき街角」誕生のキーパーソンだった。


あるとき、地元ミシガンのクラブで演奏していたデル・シャノンは、マックス・クルックがスタンダード曲「Blue Moon」でおなじみのコード進行にちょっと変化を加えて弾いているのを聴いて、すごく新鮮に感じ、それを発展させようとトライしてみた。サビでは、ハンク・ウィリアムズの曲を参考にして、マイナーからメジャーに転調してみると、素晴らしい楽曲が完成。これこそが「悲しき街角」だった。


その後もデル・シャノンは、「花咲く街角(Hats Off To Larry)」(61年全米5位)、「さらば街角(So Long Baby)」(61年全米28位)、「街角のプレイ・ガール(Little Town Flirt)」(62年全米12位)と、快調にヒットを飛ばす。ファルセットを織り交ぜることで歌に抑揚をつける、そのユニークかつダイナミックな唱法、「悲しき街角」でのミュージトロン、「さらば街角」でのカズーに代表されるサウンド・アレンジの斬新さ、そして、哀しみに満ちた詞世界……彼が生み出すヒット曲は、革新的で、疾走感に満ち、胸をかきたてる魅力にあふれていた。


そんなデル・シャノンの個性豊かな作品群は、我が国でも人気を集めた。先ほど挙げたヒット曲の邦題をご覧いただければ分かるように、日本盤シングルに印刷された邦題には、すべて“街角”という文字が入っている。当時のデル・シャノンが日本で“街角男”と呼ばれていた所以だ。ちなみに、「悲しき街角」は飯田久彦が“ゆっくりしたテンポ”でカヴァーしていたが、そこには、デル・シャノンのレコードにあった疾走感は微塵も感じられなかったし、もちろんミュージトロンみたいな洒落た楽器も響いていなかった。当時の日本は、まだまだノンビリとした時代だったのだ。


デル・シャノンが果たしたもうひとつの功績に、ビートルズのレノン=マッカートニー作品をはじめて全米チャートにランクインさせたことが挙げられる。63年にイギリス公演を行なったデル・シャノンは、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでビートルズと共演(シャノンがヘッドライナーを務めた)。そのときにビートルズが演奏した「From Me To You」をいたく気に入り、イギリス滞在中にさっそくレコーディングを行ない、帰国後にシングル発売したのだ。そのレコードは全米77位まで上昇。アメリカでビートルズ旋風が吹き荒れる半年以上前の出来事だった。


80年代以降は、ジェフ・リンやトム・ペティのプロデュースでアルバムを制作するなど、多くのロック・ミュージシャンからリスペクトされたという点で、ロイ・オービソンとも並び称される存在だったデル・シャノン。彼の最期(90年)は自殺というショッキングなものだったが、「悲しき街角」をはじめとする一連の街角シリーズのヒット・ナンバーは、永遠に不滅なのだ。


≪著者略歴≫

木村ユタカ(きむら・ゆたか):音楽ライター。レコード店のバイヤーを経てフリーに。オールディーズ・ポップスを中心に、音楽誌やCDのライナーに寄稿。著書に『ジャパニーズ・シティ・ポップ』『ナイアガラに愛をこめて』『俺たちの1000枚』など。ブログ「木村ユタカのOldies日和」もマイペース更新中。

コンプリートUKシングルズ(アンド・モア)1961-1966 編集, オリジナルレコーディング デル・シャノン 形式: CD

デビューコレクション 青春歌謡編/悲しき街角~高校三年生 オムニバス, 酒井和歌子, 飯田久彦, クール・キャッツ, 守屋浩, 高木たかし, 井上ひろし, 舟木一夫, 梶光夫, 水木一郎, 安達明形式: CD

悲しき街角/花咲く街角  デル・シャノン (アーティスト) 形式: Record

  • しゃベル ニッポン放送
  • お宝鑑定イベント
  • コロムビア・ガールズ伝説
  • ダイナマイトポップス
  • 読者の投稿コラム大募集!

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS