2019年05月13日

5月13日はスティーヴィー・ワンダーの誕生日~アメリカを代表する天才は69歳にして現役

執筆者:吉岡正晴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現役。


スティーヴィー・ワンダーが現時点での最新アルバム『ア・タイム・トゥ・ラヴ』を出したのは、2005年、つまり14年前だ。その前作は、1995年の『カンヴァセーション・ピース』『ナチュラル・ワンダー』だから、その間隔約10年。一言でいえばなかなか新譜はでてこない。ところが、スティーヴィーのニュースはコンスタントに入ってくる。


「ブラック・ライヴズ・マター(黒人の命も大事だ)」の動きがあればコメントもでるし、「跪き(ひざまづき=ニーダウン)運動」のときはスティーヴィ―は賛同の意を表示する。もちろん、反トランプも明確だ。アレサ・フランクリンの葬儀にもきちんと顔をだす。また本数は多くはないがライヴ・コンサートもぼつぼつとやっている。


そういう意味で、スティーヴィ―は69歳にして現役ばりばりのアーティストだ。


失明。


スティーヴィー・ワンダーは1950年5月13日、アメリカ北部ミシガン州サギノーというデトロイトの北西約150キロのところにある当時は人口約9万の小さな街に6人兄弟の3番目の子供として生まれた。(ちなみに、2017年には人口は5万人を切っており、過疎化が進んでいるようだ)


早産で未熟児だったため保育器にいれられたが、ここで酸素過多のため失明。スティーヴィ―が4歳のころ、母は子供たちを連れ、北部の都市として発展していたデトロイトへ引っ越し。このころから、すでに音に対して敏感で、音楽の才能を見せ始めていた。


11歳(1961年)でデトロイトの新進気鋭のインディ・レーベル、モータウン・レコードの創始者・社長ベリー・ゴーディーに認められ、モータウンと契約。1962年に「12歳の天才」として鳴り物入りでデビューした。最初はなかなかヒットがでなかったが、1963年5月にリリースされたライヴ・アルバム『ザ・トゥエルヴ・イヤー・オールド・ジニアス』がアルバム・チャートで1位、同アルバムからのシングル「フィンガーティップス(パート1、2)」がポップ・チャートで1位になり、大ブレイク。以後若干の波はあれどコンスタントに作品を出し、ヒットを生み出すようになった。


大きな転機となったのは1971年5月13日。スティーヴィ―が21歳になったとき。彼はそれまでモータウンと未成年で契約を結んでいたが、この誕生日を機に、自分自身の「クリエイティヴ・フリードム」(創作の自由)を獲得。それまでは基本的には、モータウンから与えられた楽曲を歌っていたが、これ以降は、自身が感じたこと、思ったことなどを直接自身の作品に反映するようになった。その結果生まれたのが、自分で曲を書き、楽器も演奏し、プロデュースしてできたアルバム『ミュージック・オブ・マイ・マインド(邦題、心の詩)』(1972年3月発売)だ。その前作1971年4月発表の『ホエア・アイム・カミング・フロム』も当時の妻でもあったシリータとの共作で、かなり「創作の自由」を得ていたが、この『心の詩』以降が完全に自分のものになった。


続く『トーキング・ブック』(1972年10月)、『インナーヴィジョンズ』(1973年8月)、『フルフィリングネス・ファースト・フィナーレ』(1974年7月)、『ソングス・イン・ザ・キー・オブ・ライフ』(1976年9月)はいずれもスティーヴィー・ワンダーのアーティストとして最高峰の作品となり、さらにグラミー賞を獲得。彼のアーティストとしての名声を決定的なものにした。これまでにグラミー賞一般部門は25、同賞「ライフタイム・アチーヴメント賞」も獲得している。


最近のスティーヴィ―の定例イヴェントは、毎年12月にロスアンジェルスのステイプルズ・センター(グラミー賞などが発表される会場、コンサートで使うと約2万人の収容人数)で行われるおもちゃを子供たちにクリスマス・プレゼントとして贈る「ハウス・フル・オブ・トーイズ」。ただライヴ・コンサートはスティーヴィーが声をかけたアーティストたちが惜しげもなく、登場する一大エンタテインメント・ショーだ。


2013年の同イヴェントでは、スティーヴィーの傑作アルバム『キー・オブ・ライフ』の全編を再現する企画を実施、これが大好評だったため、翌年、このアルバム再現ツアーが実現したほどだ。


来日は2010年8月のサマーソニックが最後。そろそろ来日してほしいところだ。


≪著者略歴≫

吉岡正晴(よしおか・まさはる):音楽ジャーナリスト、DJ。ソウル・ミュージックの情報を発信しているウェッブ『ソウル・サーチン』、同名イヴェント運営。1970年代には六本木「エンバシー」などでDJ。ディスコ、ブラック・ミュージック全般に詳しい。ラジオ番組出演、構成選曲、雑誌・新聞などに寄稿。翻訳本に『マーヴィン・ゲイ物語 引き裂かれたソウル』(デイヴィッド・リッツ著)、『マイケル・ジャクソン全記録』など。自著『ソウル・サーチン R&Bの心を求めて』など。毎月第一木曜夜10時『ナイト・サーチン』(ミュージックバード)を生放送中。最新情報は、<吉岡正晴公式ツイッター>で。
Recorded Live: The 12 Year Old Genius (Original Album With Bonus Tracks)スティーヴィー・ワンダー2013/4/19

Where I'm Coming from インポート スティービー・ワンダー 形式: CD

心の詩 CDスティービー・ワンダー 形式: CD

トーキング・ブック 限定版 スティービー・ワンダー 形式: CD

インナーヴィジョンズ CD スティービー・ワンダー 形式: CD

Fulfillingness CD, オリジナルレコーディングのリマスター, インポート スティービー・ワンダー 形式: CD

Songs in the Key of Life CD, ダブルCD, オリジナルレコーディングのリマスター, インポート Stevie Wonder (アーティスト) 形式: CD

CONVERSATION PEACE CD, インポート スティービー・ワンダー 形式: CD

Natural Wonder CD, インポート, ライブ スティービー・ワンダー 形式: CD

タイム・トゥ・ラヴ スティービー・ワンダー 形式: CD

  • しゃベル ニッポン放送
  • お宝鑑定イベント
  • コロムビア・ガールズ伝説
  • ダイナマイトポップス
  • 読者の投稿コラム大募集!

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS