2016年10月15日

[第16回読者投稿コラム] 井上堯之&麻生レミ、ソロ・アルバム発売で井上堯之ウォーターバンド本格始動開始! text by 佐々木俊英

執筆者:読者投稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1976年9月25日は井上堯之の初のヴォーカル・ソロ・アルバム『Water Mind』が発売された日である。今まで決してセンターに立つことを好まなかった男がついにソロ・アルバムを発表した。井上堯之バンドのギタリスト、映画等の音楽プロデューサーとして存在感を示していたが自らが中心になることは常に拒み続けていた。当時評価の高かった竹田和夫、森園勝敏とともに「三大ギタリスト」のアルバム製作の企画も持ち上がっていたが、堯之バンドのメンバーと共にデビューして13年目にしてソロ・アルバムを製作すること決断したのであった。ライナーの冒頭に「大それたことをしてしまった。でも楽しかった。・・・・」と完成に至るまでの思いを書き綴っている。

 

オープニングはデイヴ平尾がシングルにした「一人」(傷だらけの天使の最終回でお馴染み)、我が子へのメッセージソング「息子よ」、沢田研二に捧げサンヨーのCMに使用された「Just a Man」、後に角川映画、戦国自衛隊の挿入歌となる「DREAMER」、ラストはインストの「さよならログキャビン」など全8曲。


レコーディングは自然に囲まれた新潟塩沢スキー場のロッジで6月に行われ、陣中見舞いに来た萩原健一も「DREAMER」で1フレーズのみ参加した。残念ながら堯之バンドとしての契約上の理由からギターは速水清司のリードが多くなっている。


また”和製ジャニス”の呼び声高い麻生レミ(ex.Flowers)のソロ・アルバム『Own Lines』も同時に発売された。71年、Grand Funk Railroadの来日公演のフロントアクトを飾るべく、当時活動していたアメリカから帰国したのが麻生レミ。彼女のバンドメンバーが入国できずに急遽、井上堯之、大野克夫と、山内テツ、原田裕臣のスーパー・セッション・バンドが演奏をつとめたのがきっかけで、その後PYGのツアーに同行することもあった。75年8月麻生が堯之バンドと合流するために再び帰国。その際、バンド名も沢田研二、萩原健一の音楽プロデュースするために設立した会社「Water」からバンド名を”井上堯之ウォーターバンド”とし、10月からは全国各地でライブツアーを行なった。会場には意外にもミュージシャンを志す男性ファンが大半でどれだけ注目度か高かったかがわかる。

 

アルバムは井上堯之&内田裕也共同プロデュースのもと、メンバーである堯之、大野、速水のオリジナルからカバーまで8曲が『Water Mind』と並行して塩沢でレコーディングが行なわれ、ヘビーなWater Bandの演奏がパワフルなヴォーカルをより守り立てている。


アトランティック・レコード内に自らのウォーターレーベルの発足、告知ポスター、チラシ等宣伝にも力を注ぎ、創刊して間もない音楽雑誌「ロッキンf」や「ロックギター」に取り上げられる。またレコード新譜情報誌「レコードマンスリー」の11月号に日本アーティストでは珍しく『Water Mind』が表紙を飾り、今月のアーティストとして『Own Lines』が取り上げられるなど前評判は上々で、ジャケットの力コブの骨キンのデザインも話題となった。


待望の2人のソロ・アルバム、および井上堯之ウォーターバンドのデビューアルバムとなる2枚は、2007年に『Water Mind』が2012年に『Own Lines』がリマスタリングでCD化されている。

ウォーター・マインド Takayuki Inoue

オウン・ラインズ 麻生レミ

  • 岡田奈々 ポスターカレンダー バナー

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS