2018年09月13日

1969年9月13日、ジョン・レノンがトロントでライヴ

執筆者:藤本国彦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

69年9月13日、ジョン・レノンは、自分のバンド、プラスティック・オノ・バンドとともに、カナダのトロントで「お披露目」ライヴを行なった。「お披露目」と言っても、結果的にそうなったと言ったほうがいいだろう。ザ・ビートルズの実質的なラスト・アルバム『アビイ・ロード』が出る約2週間前の出来事だった。ビートルズはまだバンドとしては存続していたものの、実際は解散に向けてのカウントダウンの時期でもあった。一方、69年7月にプラスティック・オノ・バンドのデビュー・シングル「平和を我等に」を発表していたジョンからすれば、「バンド」としては66年8月以来となる公のライヴを行なうことは自然な流れだったのかもしれない。


そんな解散間際の微妙な(だからこそ面白い)時期に行なわれたライヴは、とはいえ、ジョンの単独公演だったわけではない。トロントのヴァーシティ・スタジアムで行なわれたのは、チャック・ベリー、リトル・リチャード、ボー・ディドリー、ジェリー・リー・ルイスらが出演するロックンロール・リヴァイヴァル・ショーだった。だが、チケットの売れ行きが芳しくなかったため、ロックンロール・ヒーローが一同に会するこのコンサートに、前日に出演依頼を受けたにもかかわらず、ジョンは出演を決めたのだった。

そこでジョンは、エリック・クラプトン、クラウス・フォアマン、アラン・ホワイトに声をかけ、特別にチャーターした飛行機の機内で即席のリハーサルを行ない、本番に備えた。極度の緊張で本番前に吐いたというジョンは、バンドを従えて、「ブルー・スウェード・シューズ」や、ビートルズのレパートリーでもあったカヴァー曲「マネー」「ディジー・ミス・リジー」などをまずは演奏。最初は手探り状態だったバンドはまとまりが徐々に良くなり、ジョンとクラプトンのギター・バトルも次第に白熱していく。スリリングなステージの模様は、「ヤー・ブルース」でさらに盛り上がりをみせる。そして、ビートルズとしてのレコーディングを拒否されたと言われる新曲「コールド・ターキー」や、ジョンが「この曲をやるために来た」と語る「平和を我等に」、同じく「〈トロント1984〉とでも言ったほうがいいようなものだった」と後に語った、ヨーコのヴォイスをフィーチャーした「ジョン、ジョン」で締めくくった。


急ごしらえのバンドだからこそすぐに演奏できるロックンロールのカヴァー曲は、ロックンロール・リヴァイヴァル・ショーのテーマに合っていたし、ビートルズのこの時点での最新アルバム『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』からの曲やプラスティック・オノ・バンドの未発表の新曲まで交えて披露された内容は、ある意味、ジョンの凝縮された「ロック史」を瞬時につかめるような面白さでもあった。この時の模様を収めたライヴ・アルバム『平和の祈りをこめて(LIVE PEACE IN TORONTO 1969)』は、69年12月12日に発売された。89年には『スウィート・トロント』と題した映像作品も発売されている。


そして、このライヴから1週間後の9月20日、ジョンは、ビートルズの当時置かれていた状況よりもヨーコとの活動を最優先し、ビートルズ脱退を他のメンバーに伝えたのだった。


≪著者略歴≫

藤本国彦(ふじもと・くにひこ):『ビートルズ・ストーリー』編集長。主な編著は『ビートルズ213曲全ガイド 増補改訂新版』『GET BACK...NAKED』『ビートル・アローン』『ビートルズ語辞典』『ビートルズは何を歌っているのか?』『ビートルズはここで生まれた』など。映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』の字幕監修(ピーター・ホンマ氏と共同)をはじめ ビートルズ関連作品の監修・編集・執筆も多数。

Live Peace in Toronto 1969 CD, Import ジョン・レノン 形式: CD

Live Peace In Toronto 1969 プラスティック・オノ・バンド 1995/1/1 形式: MP3

ジョン・レノン:スウィート・トロント~プラスティック・オノ・バンドfeat.エリック・クラプトン【リマスター版】 [DVD]クラウス・ヴアマン (出演), エリック・クラプトン (出演)

Power To The People - The Hits ジョン・レノン(平和を我等に収録) 2010/10/4 形式: MP3

  • しゃベル ニッポン放送
  • お宝鑑定イベント
  • コロムビア・ガールズ伝説
  • ダイナマイトポップス
  • 読者の投稿コラム大募集!

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS