2018年09月04日

1965年9月4日ザ・ビートルズ「ヘルプ!」が全米1位~憧れのディラン時代の1曲

執筆者:藤本国彦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノリの良い軽快なロックに絶妙のコーラスが加わった、ザ・ビートルズ中期の傑作シングル――65年7月23日に10枚目のシングルとして発売され、9月4日に全米(ビルボード)チャートで1位に輝いた「ヘルプ!」の一般的な評価を言葉にするなら、たとえばこんな感じになるだろう。2作目の主演映画の主題歌として、アルバムの先行シングルとなったこの曲は、ポール・マッカートニーの「アイム・ダウン」をB面に押しやり、ハリウッド・ボウルやシェイ・スタジアム公演をはじめ、65年のライヴのハイライトの1曲ともなった。


ビートルズの前期はジョン・レノンの曲がシングルのA面に収まることが多く、アルバムの1曲目もほとんどジョンが中心となって書いた曲が収められている。そう思うと、この「ヘルプ!」までが、ジョンがある意味「輝いていた」時代だったと言えなくもない。


映画主題歌は、前作『ハード・デイズ・ナイト』の時もそうだったが、『ヘルプ!』の時も曲が書けずに難航した。というのも、監督のリチャード・レスターが、映画のタイトルを当初『エイト・アームズ・トゥ・ホールド・ユー』と名付けていたからだ。ジョンとポールはそのタイトル曲が書けず(あるいは書かず)、代わってジョンがアイドルとしての苦悩を抱え込んだなかで書き上げた曲、それが「ヘルプ!」だった。

曲の登場人物は「特定の人物」に救いを求めているが、これがジョン自身の「心の叫び」だったとは、当時誰が想像し得ただろうか。


「〈ヘルプ〉を作った時、僕は本当に助けを求めて叫んでいたんだよ。“太ったエルヴィス時代”だった。完全に自分を見失っていたね」(ジョン)。


70年に『ローリング・ストーン』編集長のヤン・ウェナーとのインタビューでジョンはそう明かしたが、この時期、ジョンにとってボブ・ディランの存在は限りなく大きかった。64年1月にツアーで訪れたフランスでディランのセカンド・アルバム『フリー・ホイリーン・ボブ・ディラン』を聴き、衝撃を受けたビートルズの4人。“アメリカを制覇しエルヴィス・プレスリーを超える”存在となったジョンにとって、まさにプレスリーに代わる新たなヒーロー、そしてライバルとして登場したのがディランだったとも言える。


64年8月に録音された「アイム・ア・ルーザー」についてジョンは、「自己表現した初めての曲。気づかせてくれたのはディランだったと思う」と語っているが、歌詞もそれまでのラヴ・ソングから内省的な内容に変わるなど、64年から65年にかけて、ディランがジョンの曲作りにもたらした影響は実に大きかった。


サングラスをかけ、ハーモニカ・ホルダーを首から下げて「アイム・ア・ルーザー」を演奏するジョンは、ディランそのものだった。「『ヘルプ』はマリファナで作った」というジョンの言葉を持ち出すまでもなく、4人はディランと出会ってからドラッグを多用するようにもなった。「ヘルプ!」が完成する前の65年2月には、ジョン版「時代は変わる」とも言うべき「悲しみはぶっとばせ」も映画『ヘルプ!』の挿入歌としてレコーディングされている。ジョンの“太ったエルヴィス時代”は、“憧れのディラン時代”でもあったのだ。


≪著者略歴≫

藤本国彦(ふじもと・くにひこ):『ビートルズ・ストーリー』編集長。主な編著は『ビートルズ213曲全ガイド 増補改訂新版』『GET BACK...NAKED』『ビートル・アローン』『ビートルズ語辞典』『ビートルズは何を歌っているのか?』『ビートルズはここで生まれた』など。映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』の字幕監修(ピーター・ホンマ氏と共同)をはじめ ビートルズ関連作品の監修・編集・執筆も多数。

Help!(紙ジャケット仕様) Limited Edition ザ・ビートルズ 形式: CD

Help! ザ・ビートルズ 形式: MP3

ヘルプ! [Blu-ray] ザ・ビートルズ (出演) 形式: Blu-ray

フリーホイーリン・ボブ・ディラン Original recording remastered ボブ・ディラン 形式: CD

  • しゃベル ニッポン放送
  • お宝鑑定イベント
  • コロムビア・ガールズ伝説
  • ダイナマイトポップス
  • 読者の投稿コラム大募集!

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS