2018年05月20日

[recommend]ザ・ベンチャーズ栄光の“オリジナル・フォー”による歴史的新録音ベスト・アルバム登場!

執筆者:中村俊夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年12月に腰の手術を受けて以来、術後感染による合併症と闘い続けてきたノーキー・エドワーズが、3月12日早朝、ついに帰らぬ人となってしまった。享年82歳。突然の訃報は世界中に伝播されオールド・ファンたちに衝撃を与えたが、中でも1965年にザ・ベンチャーズの一員としての初来日以来、ソロ独立後~晩年に至るまで頻繁に日本を訪れていたノーキーを慕う日本のファンたちの喪失感はあまりに大きく、現在もなお“ノーキー・ロス”状態が続いたままの人も多いようだ。いかにノーキーが日本で愛されていたのかがわかるだろう。


ノーキーの逝去で、“オリジナル・フォー”と呼ばれた最盛期ベンチャーズのメンバーも、これで存命者はドン・ウィルソンただひとり。そんな彼も公演活動からは引退しているので、半世紀以上に亘るオリジナル・ベンチャーズの歴史も事実上、ここに終焉を迎えたことになる。しかし、その偉大な歩みを今ふり返ってみると、彼らが“エレキの伝道師”として日本中の若者たちにエレキ・ギターの魅力を知らしめたことが、いかに日本のポピュラー音楽を劇的に変える作用を及ぼしていったのか改めて認識させられるのである。


数えきれないほどの来日公演を果たし、日本津々浦々まで演奏して廻り、各地でエレキ・ブームを巻き起こしたザ・ベンチャーズ。エレキ・ギターの普及だけでなく、「エレキ」という言葉をもひとつの音楽ジャンル用語として定着させた功績も大きい。彼らを観て、初めて生のエレキの音を聞いたという人も多いだろうし、実際、それがきっかけで音楽の道を志し、現在はプロとして第一線で活躍しているミュージシャンも少なくない(Char、鈴木茂、浅野孝已、渡辺香津美などが好例)。


特別な音楽知識が無くとも誰でもが少し練習すれば参加できるというハードルの低さ(奥は限りなく深かったが…)から、ザ・ベンチャーズをお手本としたアマチュアのエレキ・バンドが全国各地に誕生。やがて『勝ち抜きエレキ合戦』などテレビのバンド・コンテスト番組から、ザ・サベージ(寺尾聰が在籍)やザ・フィンガーズ(成毛滋が在籍)といった優勝バンドがプロ・デビューを飾っていったが、これは従来の徒弟社会のようなプロ・ミュージシャンの世界に、弟子入りやバンドボーイ体験なしでも素人が入り込むことが可能になった革命的な瞬間でもあった。まさに“素人の時代”の到来。これこそがエレキ・ブームがもたらした重要なポイントであり、その契機を作った張本人こそ、日本中の若者たちにエレキ・ギターの魅力を伝えたザ・ベンチャーズだったのである。


ベンチャーズの功績・評価は、日本だけに限ったことではなく、これまでにビルボードHOT100内に14曲を送り込み、アルバム・チャート200以内 に37枚のアルバムをチャートインさせている実績は、本国でも高く評価されており、2008年にはロックの殿堂入りを果たしている。今日のロック・ギターの進化はベンチャーズ抜きでは考えられないのだ。


50年代のコンボ・バンドではワキ役だったエレキ・ ギターの存在を一躍主役の座に据え、現在のロック・バンドの基本型を築いたのもベンチャーズだし、ノーキーが生み出した様々な新しいギター奏法とそれを可能にした画期的なライト・ゲージをはじめ、ファズ、ワウペダル、ディストーション、ディレイなど周辺機器の開発は、エレキ・ギターの可能性を拡げ、ロック・ギター史に新たなページを加えていった。


現在、誰でもがごく普通に用いているディストーション・サウンドを初めて一般的にしたのも、ジェフ・ベックが用いて話題となったトーキング・モージュレイターをその数年前に使用していたのもベンチャーズだったと言ったら、若きギター・キッズたちは驚くかもしれないが、それは紛うことなき事実なのである。ラモーンズやB52'sなどがモズライトのギターを愛用しているのも、決してザ・ベンチャーズと無関係とは言えないだろう。


1959年にドン・ウィルソンとボブ・ボーグルのギター・デュオとして結成されて以来、メンバーの脱退、死去などによってメンバー・チェンジをくり返し、現在はリオン・テイラー(ドラムス)、ボブ・スポルディング(ギター)、イアン・スポルディング(ギター)、ルーク・グリフィン(ベース)というラインアップで公演活動を続けているベンチャーズだが、79年に栄光のオリジナル・フォー(ドン、ボブ、ノーキー、メル・テイラー)が久々に集結。日本のみでアルバムを発表した他、翌80年にはカナダのレコード会社のために、往年のレパートリー30曲を再レコーディングしている。


その全音源を集めたのが、この5月16日にテイチクよりリリースされたノーキー・エドワーズ追悼盤『ザ・ベンチャーズ ベスト・ヒット・コレクション30』である。記念すべきメジャー・デビュー曲「ウォーク・ドント・ラン(急がば廻れ)」から、現在もライヴには欠かせない定番曲「ダイヤモンド・ヘッド」「10番街の殺人」「アパッチ」、「ブルドッグ」「パイプライン」「ドライヴィング・ギター」等、そして、毎度ライヴのお約束アンコール曲「キャラバン」まで、お馴染みのベンチャーズ・ナンバー30曲の新録音ヴァージョンを、最新デジタル・リマスタリングによる高音質・高品質CDで楽しめる。


さすがに熟年の域に達した彼らのプレイからは、絶頂期のザ・ベンチャーズのパワーとダイナミズムを望むのは難しいかもしれないが、逆に大御所ならではの余裕あふれるプレイを堪能できる。今となっては二度と集結できないオリジナル・フォーの歴史的レコーディング・セッションの全貌を収録した貴重なアルバムであることは間違いないだろう。


≪著者略歴≫

中村俊夫(なかむら・としお):1954年東京都生まれ。音楽企画制作者/音楽著述家。駒澤大学経営学部卒。音楽雑誌編集者、レコード・ディレクターを経て、90年代からGS、日本ロック、昭和歌謡等のCD復刻制作監修を多数手がける。共著に『みんなGSが好きだった』(主婦と生活社)、『ミカのチャンス・ミーティング』(宝島社)、『日本ロック大系』(白夜書房)、『歌謡曲だよ、人生は』(シンコー・ミュージック)など。最新著は『エッジィな男 ムッシュかまやつ』(リットーミュージック)。
ベンチャーズ・ベスト・ヒット30 ザ・ベンチャーズ

ザ・ベンチャーズ ベスト・ヒット・コレクション30 The Ventures

Ventures Best Hits 30 The Ventures (ベンチャーズ)

  • しゃベル ニッポン放送
  • THE VENTURES BEST HIT COLLECTION 30
  • コロムビア・ガールズ伝説
  • ダイナマイトポップス
  • 読者の投稿コラム大募集!

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS