2017年07月24日

本日、7月24日は河合奈保子の誕生日

執筆者:丸芽志悟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日7月24日は、河合奈保子の誕生日…あれれっ、誕生日に奈保子の記事は前にもありましたよね?  と言いつつ、コロムビアのアイドルコンピをまとめた責任上、もっともっと盛り上げろという使命を与えられましたので、喜んで乗らせていただきます。ただし、既に書かれたことを繰り返すわけにはいきませんので、ここは80年前後のアイドル事情を俯瞰しつつ、個人的な視点でまとめてみたいと思います。


筆者が奈保子の存在を初めて意識したのは、1980年の6月30日。その最初の日に「大きな森の小さなお家」でデビューした記念すべき月間を、当時を代表する歌番組「夜のヒットスタジオ」への初出演で締めくくった。ちなみにその4週間前には、YMOが初めての「所謂歌番組」への出演を果たすという歴史的事件も同番組にもたらされ、ドキドキしながら観たのを忘れられない。

それと同じほど衝撃的だったのが、その6月30日の放送回に、滅多にテレビに登場しない吉田拓郎が同番組への初出演を果たしたことである。その瞬間を目撃しようと、静粛な気持ちでブラウン菅を眺めていたら、最初に目に飛び込んできたのは当時ブレイク真っ只中だったシャネルズの面々。オープニングメドレーで彼らが歌ったのは、「大きな森の小さなお家」という可愛らしい曲。誰の曲だ? 彼らの紹介を受けて登場したのは、まさに初々しい雰囲気を湛えた新人歌手・河合奈保子だった。

結局、その数分後ギター一本で「旅の宿」を歌った拓郎さんに持って行かれてしまい、その後の記憶は定かではない。しかし、歌謡界にまた一つ、可憐な花が加わったなという印象は抱いた。この曲はオリコン最高36位という、当時のデビュー曲としては健闘した部類に入るポジションを記録したが、ベスト100に入った期間16週というのは、続く「ヤング・ボーイ」、及び83年の代表作「エスカレーション」と並ぶ最高タイ記録となっている。持続力で勝負した一曲となった。確かに、当時の中坊にとってこの歌詞は、秘密の扉の鍵を開けるような、素直に口にするのに勇気を要したものだった。大ブレイク間もなく「例の事件」を起こしてしまったシャネルズに歌わせた「夜ヒット」も罪なものだが、奈保子の歌声は、少年少女の恥じらいさえ健康的魅力で中和してしまうような、まさにヤングアイドルかくあるべしと思わせるものだったのだ。


78年〜79年は、石野真子が新人として一人健闘していたものの、アイドルファンにとっては「冬の時代」としか形容できない時期だった。その隙間を縫うように、自作曲を歌ったり、ニューミュージック系の作家を主に起用して洗練した音楽性を打ち出した若い女性歌手達が数多く台頭し、人気を博した。個人的には、それも憎めなかったのだけど、テレビの中の華やかさと異質な世界に馴染めない人も多かっただろう。

そこに80年4月、松田聖子が現れる。彼女を最初に見たのは、普段はニューミュージック系の新人紹介に重きを置いているFM誌の一コーナーで、あたかもニューミュージックの人であるかのような紹介のされ方だった。ある意味それも当たっていたことを、後の作家起用面で証明したのだけれど、それでも年末の新人賞レースで話題を呼んだ仕草とか、男性アイドルと噂話がささやかれたことで、「やはり芸能界の人だな」というイメージが浸透することになる。結局、80年代アイドルのスタイルの雛形は、聖子のそんな面によって形成されていったのだが。


奈保子と同じ日に「No.1」でデビューした柏原よしえ(芳恵)は、若さこそ強調していたものの、最初はスロースターターだった。7枚目に出したカバー曲「ハロー・グッバイ」まで、真のブレイクは訪れなかった。同じ月の21日にデビューした石坂智子は、それまで熱狂的岩崎宏美ファンだった友達が即夢中になったものの、大ヒットには恵まれず。さらにその日にデビューした甲斐智枝美は、2006年、悲劇的な最期に散ってしまう。


そして河合奈保子は、2曲目「ヤング・ボーイ」から親しみやすい路線を一貫して歩み始め、トップアイドル集団へと加わる。デビュー2年目に大きな怪我に襲われ、長期活動中止に至った時は、「麻丘めぐみみたいになっちゃうのかな?」と心配の声も上がったが、根性で新曲発表を続け、デビュー5周年記念曲となった21枚目のシングル「デビュー〜Fly Me To Love」で遂に悲願の1位を獲得。「セーラー服を脱がさないで」の発売で時代がおニャン子色に染まり始めるまさに11日前、85年6月24日の出来事だった。

アイドルの世界がその時劇的に変わったのと同じように、奈保子の内部にも変化が起こり始めた。アルバムで自作曲を発表し始め、翌年にはアルバム全曲を自作曲で固めた『スカーレット』を発表。アイドルから、セルフプロデュースできるアーティストへと脱皮を始める。この時期の曲にも重要なものは結構あるけれど、瞼の奥に刻まれている彼女の姿にこそ、80年代の真の輝きはある。そんな全盛期の河合奈保子を堪能できる、貴重すぎる映像満載のDVD3枚組『河合奈保子プレミアムコレクション』がいよいよ、来月30日発売になります。殺伐とした世の中に落ち着かない皆さんこそ、けんかをやめて、じっくり彼女の世界に浸りませんか?


≪著者略歴≫

丸芽志悟 (まるめ・しご) : 丸芽志悟 (まるめ・しご) : 不毛な青春時代〜レコード会社勤務を経て、ネットを拠点とする「好き者」として音楽啓蒙活動を開始。『アングラ・カーニバル』『60sビート・ガールズ・コレクション』(共にテイチク)等再発CDの共同監修、ライヴ及びDJイベントの主催をFine Vacation Company名義で手がける。近年は即興演奏を軸とした自由形態バンドRacco-1000を率い活動、フルートなどを担当。 5月24日、初監修コンピレーションアルバム『コロムビア・ガールズ伝説』(3タイトル)が発売された。


河合奈保子 プレミアムコレクション~NHK紅白歌合戦&レッツゴーヤング etc.~ [DVD] 河合奈保子 (出演, アーティスト)

河合奈保子 ゴールデン☆ベスト 河合奈保子

河合奈保子ゴールデン☆ベスト ~A面コレクション~ 河合奈保子

河合奈保子ゴールデン☆ベスト ~B面コレクション~ 河合奈保子

大きな森の小さなお家 (MEG-CD) 河合奈保子

ヤング・ボーイ (MEG-CD) 河合奈保子

月刊平凡 GOLDEN BEST!! Vol.1 河合奈保子写真集 再会の夏 (マガジンハウス・アーカイブス) 単行本(ソフトカバー) – 2016/8/31 マガジンハウス・アーカイブス (編集)

  • ビートルズウォッチ
  • コロムビア・ガールズ伝説

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS