2015年12月17日

1973年12月17日の奇跡~シュガーベイブ・ファースト・コンサート~

執筆者:牧村憲一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めてシュガー・ベイブの名前を聞いたのは、当時勤務していたユイ音楽工房所属アーティストの山本コウタローさん(山本コウタローと少年探偵団)からだった。「牧村さん、ラスカルズのようなバンドがいる」と教えてくれたのだ。


1973年9月21日文京公会堂で「はっぴいえんど解散記念コンサート"CITY-Last Time Around"」が行われた。その日、大滝詠一さんはソロ・プロジェクト・コーナーを持ち、バック・バンドにごまのはえ改めココナツバンクを起用、シュガー・ベイブから山下達郎、大貫妙子、村松邦男の3人がコーラスで参加していた。


僕は「サイダー‘73」を手伝ったことがきっかけで、ユイ音楽出版(ユイ音楽工房の兄弟会社)から大森昭男さんのON・アソシエイツに移っていた。シュガー・ベイブと直接会う機会が訪れたのは、大滝さんに依頼したCMソング「三菱ラジオ・ジーガム」の時だった。


シュガー・ベイブとマネージャーの長門芳郎さんは、1973年12月17日に青山タワーホールでファースト・コンサート「Hello! We Are Sugar Babe」を開催した。村松さんによれば、コンサートのための新曲として「SHOW」と「SUGAR」の2曲が用意されたが、もうひとつくらい新曲をと思っている時に、山下さんから大滝さんの「指切り」をカヴァーしようという提案があり、それがあの跳ね上がる特徴あるサウンドの始まりになったそうだ。長門さんは「演奏が始まって、緞帳が上がって、歌い出した瞬間の胸高鳴る気分は、生まれて初めて味わうものだった」と語っている。


↑(写真:左)シュガーベイブ、デビュー時のメンバー(提供:長門芳郎氏)

↑(写真:右)シュガーベイブのファースト・コンサートのコピー・テープ。 オリジナルから後日コピーしたもの。40年近く聴いていないので、聴けるかどうかは不明。

シュガー・ベイブ(山下達郎、大貫妙子、村松邦男、鰐川巳久男、野口明彦)にとって本格的なデビューのその場に、大森さんと僕は招待されていた。客席には無論、大滝さん、伊藤銀次さんの姿もあった。カヴァー曲を除けば初めて聴く曲ばかりであったが、日本のラスカルズという評価は、なるほど的を得ていると感じた。飛び抜けたヴォーカルと、巧みなコーラスワークは会場を満足させた。1994年に行われ「TATSURO YAMASHITA Sings SUGAR BABE」のコンサート・パンフレットには、その時のことを大滝さんが書いていた。

「印象深かったのは、新人の初めてのコンサートにも拘わらず、ステージ上で『アルバムベスト&ワースト10』と称して、突然アルバムの品評を始めたことでした。」

この件については後に、レパートリーがあまりに少なかったための苦肉の策だったと聞き納得した。セットリストを見れば12曲、それもアンコール曲のうち1曲は再演奏だったが、二度目のDo You Wanna Danceは圧巻だった。


↑シュガーベイブ、ファーストコンサートのチラシ(提供:長門芳郎氏)

ゲスト、共演者は小宮やすゆうとレッドアイ・エクスプレス、山本コウタローと少年探偵団、はちみつぱい。デビュー・コンサートとしては贅沢なメンバーだった。

シュガー・ベイブ

Hello! We Are SugarBabe

1973/12/17 (月)

@青山タワーホール (東京都)

【セットリスト】

Show

それでいいさ

想い

夏の終りに

時の始まり

風が吹く日は

指切り

Sugar

港の灯り

Do You Wanna Dance

 【アンコール】

Come go with me

Do You Wanna Dance


<Photo Gallery >


↑1972年の自主制作盤『ADD SOME MUSIC TO YOU DAY』の裏ジャケット。 山下達郎、鰐川巳久男、村松邦男の名前を確認できる。


↑1994年、山下達郎シングス シュガー・ベイブのパンフレット


SONGS -40th Anniversary Edition-(完全生産限定盤) [Analog] Limited Edition シュガー・ベイブ

  • コロムビア・ガールズ伝説

関連記事

  • ツイート

Pagetop ↑

コラム一覧

一覧

音楽ジャンル

カテゴリー

執筆者一覧

一覧

SNS